源平合戦14 幕府成る日(終章)

 奥州合戦によって1180年以仁王の乱から始まる治承・寿永の乱所謂源平合戦は終わります。この間、栄華を誇った平家は滅亡し、源氏側でも源三位頼政、木曽義仲、源義経が亡くなりました。鎌倉にあって着々と政権基盤を固めた頼朝が最終的勝利者となったのです。

 いやもう一人いました。後白河法皇です。法皇もまた激動の戦乱の世を渡りきり、日本一の大天狗と称された権謀の才で生き残りました。1190年10月、頼朝は大軍を従え上洛の途につきます。法皇はじめ都の貴族たちは賀茂の河原に車を出し、東国の覇者を眺めたそうです。以後一ヶ月頼朝は京に滞在します。後白河法皇、後鳥羽天皇に拝謁し、特に法皇とは余人を交えず長時間語りあったと伝えられます。

 頼朝の目的は、内乱鎮圧のために朝廷から与えられていた日本国総追捕使、総地頭の権限の永続化でした。そのために、今では単なる名誉職となっていた征夷大将軍職を望みます。将軍となり幕府を開く事で、日本支配の正統化を図ったのです。幕府は柳営とも呼び、本来は将軍が任地で設けた陣地あるいは出先機関のことです。すでに実質的に鎌倉政権は天下の権を握っていましたから、幕府という名分を欲しました。

 法皇側も頼朝の狙いは十分承知しています。11月9日正二位権大納言・右近衛大将という武家では最高の官位を与えたものの、征夷大将軍職任官だけは頑なに拒否しました。頼朝は12月3日、両官を辞任します。どちらも朝廷に出仕しなければならない役職で、鎌倉に帰れなくなるのが理由でした。頼朝は盟友九条兼実と面会し善後策を協議します。結論としては法皇が生きている間は将軍職就任は難しいだろうという事になりました。

 12月14日、日本国総追捕使、総地頭の延長、恒久化で頼朝は一応満足し鎌倉に帰還します。後白河法皇最後の抵抗でした。1192年3月、その後白河法皇が俄かに病を発し崩御しました。享年66歳。これで障害は無くなり、関白九条兼実の尽力で頼朝は念願の征夷大将軍職を得ます。鎌倉幕府成立の時期がいつか議論になる所ですが、幕府という名前の由来を考えればやはり1192年が妥当でしょう。

 1193年5月、得意の絶頂であった頼朝は、富士の裾野に御家人を集め大規模な巻狩りを挙行しました。実はこの時曽我兄弟の仇打ち事件が起こるのですが、真相は頼朝暗殺計画ではなかったかとも噂されます。この混乱は尾を引き、頼朝の弟三河守範頼ですら謀反の疑いを受け伊豆へ流罪となりました。範頼はさらに伊豆修善寺に幽閉され誅殺されます。無実だったと言われますが、猜疑心の強い頼朝は自分のライバルになり得る源氏一族は兄弟であっても生かすつもりはなかったのでしょう。安田義定、一条忠頼ら甲斐源氏の有力者も頼朝によって粛清されます。独裁者の晩年はこのように暗いものになりがちですが、頼朝としてはせっかく開いた鎌倉幕府を盤石にしたいという強い思いがあったことも確かでした。

 1195年2月、頼朝は東大寺再建供養出席を名目に再び上洛します。その真意は後鳥羽天皇の妃に長女大姫を入れ外戚になることでした。ただこれは丹後局や院近臣土御門通親の妨害に会い失敗します。すでに実質的に天下人であった頼朝が何故外戚になろうと考えたのでしょうか?ここは理解に苦しむ点です。頼朝の盟友九条兼実も自分の娘(中宮任子)を入内させていましたから、両者の関係は冷え込みました。そもそも大姫入内問題は中宮任子が皇子を生まなかった事から起こります。

 鎌倉幕府の後ろ盾を失った九条兼実は、廷臣から離反され1196年11月関白の地位を追われました。一方、頼朝ですが盟友兼実を裏切ってまでごり押ししようとした大姫入内は1197年7月彼女の病死によって失敗に終わります。思えば大姫は、許婚木曽義高殺害に始まり父親の野望の犠牲になった生涯でした。1198年1月、後鳥羽天皇は頼朝の意向を無視して土御門通親の娘が生んだ土御門天皇に譲位します。結局一番得をしたのは通親でした。

 危機感を抱いた頼朝は、九条兼実に書状を送り再度の提携と次女三幡姫の入内を画策しますが後の祭りとなります。九条兼実とともに有力な頼朝党だった従二位権中納言一条能保(頼朝の同母妹坊門姫の婿)も1197年10月病死するなど頼朝の朝廷に与える影響力は減少しつつありました。これが三代将軍実朝暗殺後起こった承久の乱の遠因となります。

 征夷大将軍職を得て幕府を開いた頼朝は、これで人生の目的を果たしたのでしょう。以後は失敗続きでした。1198年12月27日、落馬が原因で頼朝は意識を失います。そのまま回復せず翌1199年1月13日波乱の生涯を閉じました。亨年53歳。




 頼朝の開いた鎌倉幕府は、頼家、実朝と続きますが源氏の嫡流は三代で途絶えます。その後、正室政子の実家である執権北条氏が台頭、幕府を主宰しました。鎌倉幕府は、日本で初めての武家政権です。それまでの摂関政治や院政を終わらせ武士の世を開いた頼朝の功績は図り知れません。頼朝は、まさに古代政治に止めを刺し中世という時代を幕開けさせた不世出の英雄と言えるでしょう。



                                (完)
スポンサーサイト

源平合戦13 奥州合戦

 頼朝が後白河法皇に設置を認めさせた守護・地頭の制度。厳しい言い方ですが、義経が鎌倉政権に対して成した最大の功績が守護・地頭でした。謀反人義経追捕という大義名分で、鎌倉政権は日本全土に守護と地頭を設置します。

 守護とは、その国の軍事・警察権を司ります。原型は令外官の追捕使ですが、鎌倉政権によって制度化し室町時代には行政権まで握って守護大名に発展しました。鎌倉時代は守護奉行人と呼ばれます。ただ、守護の役職は自弁なので地頭という根が必要でした。地頭は荘園・公領の軍事警察徴税行政権を握ります。荘園の収穫の半分を兵糧米として徴収でき、これによって京の貴族たちによる荘園支配が瓦解しました。

 平家没官領が全国で五百か所。それに加え親平家の貴族、武士たちから没収した領地は恩賞として功績のあった御家人たちに与えられます。彼らは荘園の地頭職を御恩として、鎌倉殿に奉公をする事になります。御家人の功績を公平に評価し、しかるべき荘園の地頭職を与えるのは大江広元、三善康信たち側近の官僚団でした。彼らの高い実務能力なしには成しえなかった事で、鎌倉政権と以前の平氏政権との大きな違いだったと思います。

 1186年3月、頼朝は後白河法皇に圧力をかけ摂政近衛基通を辞任させます。代わって親鎌倉派の九条兼実が摂政に就任しました。朝廷に大きな楔が打ち込まれたわけです。頼朝にはもう一つ大きな仕事が残っていました。全国で唯一鎌倉殿の指示に従わない勢力、奥州藤原氏討伐です。

 藤原氏の当主泰衡は、頼朝の圧力で自分の下に亡命していた義経を攻め滅ぼしました。頼朝に敵対する意思はありません。しかしその存在自体が頼朝には邪魔でした。頼朝は、泰衡に対し「生け捕って引き渡せという命令を無視し勝手に義経を攻め殺した」と言いがかりを付け1189年7月、大軍を動員し出陣します。

 頼朝自らが率いる大手軍は勇将畠山重忠を先陣に下野国(栃木県)から攻め込みました。常陸国(茨城県)から攻め込む東海道軍を指揮するのは八田知家、千葉常胤。越後国(新潟県)から出羽方面に日本海沿いに進軍する北陸道軍の指揮官には宇佐美実政、比企能員らが選ばれます。総勢二十八万騎と号する未曽有の大軍です。ただ当時の人口、生産力からこの数字は現実的ではなく合わせて十万位が妥当だろうと思います。

 謀反の意思は毛頭ないと泰衡は弁明に努めますが、最初から聞く耳を持たない頼朝に対しては無駄でした。覚悟を決めた泰衡も奥州勢十七万騎を集めたと言います。これも実数ではなく多くても五万は超えなかったのではないかと考えます。

 奥州勢は、陸奥国阿津賀志山(福島県伊達郡国見町)に城壁を築き、阿武隈川の水を引き入れ鎌倉勢に備えました。この方面を指揮するのは泰衡の異母兄国衡で兵力二万。1189年8月、鎌倉軍は阿津賀志山の国衡勢に襲いかかります。長年戦に慣れた鎌倉軍と百年の太平を貪った奥州勢では勝負になりませんでした。鎧袖一触わずか一日の戦いで大将国衡が討たれ奥州勢は壊滅します。

 戦らしい戦があったのはこの一度だけ。後は怒涛の如くなだれ込む鎌倉軍の前にただ逃げまどうのみでした。8月22日には早くも頼朝の本隊が藤原氏の本拠平泉に達します。泰衡はすでに逃亡した後でした。泰衡は、蝦夷ヶ島(北海道)から大陸への逃亡を企てますが、9月2日比内郡贄柵(秋田県大館市)で家臣の河田次郎に裏切られ殺害されました。百年の栄華を誇った奥州藤原氏はここに滅亡します。頼朝は名実ともに天下人となったのです。

 頼朝は、葛西清重を奥州総奉行に任命し戦後処理を任せると鎌倉に帰還しました。あっけなく滅びた奥州藤原氏ですが、1189年12月には遺臣大河兼任が主君の仇を討つと称し出羽国で反乱を起こします。兼任の反乱は大規模なもので鎮圧に苦労したそうですが、逆にこれで鎌倉の奥州支配は強化されることとなりました。


 頼朝にとって残された敵は京都の後白河法皇でした。すでに現実的には天下人である頼朝に欲しいのは名分です。頼朝と法皇は征夷大将軍職を巡って虚々実々の駆け引きを繰り返すことになります。



 次回、源平合戦終章『幕府成る日』に御期待下さい。

源平合戦12 義経最期

 壇ノ浦勝利の吉報が鎌倉にもたらされた時、頼朝は亡き父義朝の菩提を弔う法要を営んでいたそうです。非業に倒れた父、自身の二十年の流人生活を思い頼朝は感慨深かったでしょう。しかし感傷に浸ってはいられません。今では鎌倉殿と尊称され天下人となったのです。ただそれを完全なものにするには院政復活を目論む後白河法皇との対決が待っていました。

 さて、当面の問題は弟義経でした。1185年4月15日、頼朝は義経と共に勝手に官位を受けた御家人たちの鎌倉帰還を禁じます。生き残った平家所縁の人たちの戦後処理はまず堂上平家の平時忠を能登に配流。安徳天皇の生母建礼門院徳子は後白河法皇の意向もあり京都大原で出家、寂光院で余生を過ごすこととなります。残るは平家の棟梁宗盛とその子清宗の処分でした。義経は宗盛父子を護送し鎌倉に向かいました。

 ところが頼朝は義経の鎌倉入りを拒否、郊外の山内荘腰越の満福寺に止めます。驚いた義経は、頼朝側近大江広元に対し自分が叛意などないこと、兄頼朝に忠誠を誓っている事などを記した有名な腰越状を送りました。が、頼朝の心は動かず京都への帰還を命じます。宗盛父子は、途中近江国篠原で斬首されました。取り付く島の無い頼朝の態度に義経は絶望します。しかし今日の事態を招いたのが他ならぬ自分である事を義経は最後まで理解できていませんでした。

 悄然と京都に戻った義経を、後白河法皇はますます優遇します。従五位下左衛門尉・伊予守に任官。ついに頼朝に対する謀反を決意した義経は、河内、紀伊あたりで蠢く叔父新宮十郎行家と結びました。またしても行家の登場です。この野心ばかりあって実力の伴わない小人は疫病神でした。義仲が滅ぼされ、今度は義経に取り憑いたわけです。義経が謀反人行家と結んだ事を知った頼朝は、御家人土佐坊昌俊を送りこみました。土佐坊は手勢を率い義経の堀川館を襲撃しますが、義経はこれを撃退します。

 怒った義経は、1185年10月後白河法皇に迫り頼朝追討の院宣をもらいました。法皇としては願ってない展開です。頼朝と義経が互いに殺し合ってくれれば源氏政権が滅び院政は盤石となるからです。ところが義経にとっても法皇にとっても誤算だったのは、義経に人望がなく味方する武士がほとんどいなかった事でした。京都に近い摂津源氏多田行綱ですら、鎌倉に忠誠を誓い義経に公然と敵対します。九州における永遠の不満分子緒方三郎惟義のみが義経に味方すると宣言、11月義経は惟義と合流しようと船団を組んで出航しました。ちなみに惟義が義経を迎えるために築城したのが戦国時代難攻不落と名高い岡城(大分県竹田市)だったと伝えられます。

 11月6日、摂津大物浦を出た義経一行は途中暴風雨に遭い難破、義経は摂津に戻されます。11月7日頼朝は後白河法皇に圧力をかけ義経のすべての官位を剥奪させました。法皇は頼朝の要求に屈し今度は義経を朝敵と定め追討の院宣を出します。信じていた法皇にまで裏切られた義経の惨めさはどうでしょう。法皇としても義経を切り捨てなければ自分の身が危なくなるのです。

 11月25日、謀反人義経、行家追討の院宣が出され、親義経派、頼朝追討の院宣に関わった公卿が解任されました。義経は郎党や愛妾白拍子の静御前と共に逃亡します。途中吉野山で足手まといの静と別れ、自分を保護してくれる奥州の覇者藤原秀衡を頼って平泉を目指しました。加賀国安宅の関(小松市)における勧進帳のエピソードは歌舞伎などで有名です。史実かどうか分かりませんが似たような事があったかもしれません。

 義経を利用して頼朝追討を画策したのは後白河法皇の大きな失点でした。鎌倉では政所別当大江広元の献策で法皇に対し義経追捕を名目とする守護・地頭の設置を要求します。法皇もこれを認めざるを得ませんでした。ただ平泉に逃げ込んだ義経に関してはしばらく放置します。奥州藤原氏は、陸奥出羽両国を支配し簡単に滅ぼせるような勢力ではなかったからです。

 1186年、頼朝は側近の中原親能を京都守護に任じ送りこみます。これが六波羅探題の前身で、ほかにも頼朝は舅北条時政に千騎を与え上洛させ、院を恫喝しました。5月、野望多き新宮十郎行家も捕えられ斬首。頼朝と奥州藤原氏の冷戦が続く中、1187年10月頼みの綱秀衡が病没します。義経は藤原氏の兵を借りて頼朝と対決するつもりでしたが、夢と消えました。藤原氏の後を継いだのは嫡男泰衡。頼朝は気の弱い泰衡に圧力をかけ謀反人義経の引き渡しを命じます。

 圧力に屈した泰衡は、1189年4月義経の住む平泉郊外の衣川館を急襲しました。わずか十数騎の義経主従は必死に防戦しますが多勢に無勢。郎党たちが次々と討たれます。覚悟を決めた義経は、持仏堂に籠りまず正室河越氏と4歳の娘を殺しました。そして自らも自刃し波乱の生涯を閉じます。享年31歳。



 義経は死にましたが、潜在的敵対勢力である奥州藤原氏を頼朝が許すはずはありませんでした。次回、奥州合戦を描きます。

源平合戦11 平家滅亡

 一の谷の戦いの後、鎌倉の頼朝は後白河法皇に対し日本全国の武士の横領・狼藉停止の命令とその実行を頼朝に委託する旨の院宣を出すよう要求します。これは実質的に頼朝が天下人となることと同義でしが、現実に軍事力で京都を制圧している頼朝の要求を法皇は認めざるを得ませんでした。その分不満は内在し、義経を利用し兄頼朝と対抗させることで巻き返しを図ろうと画策します。

 鎌倉政権は着々とその基盤を固めて行きました。1184年10月、公文書の管理、指揮命令、訴訟、財政の実務機関として公文所(後の政所)が新設されます。初代別当(長官)には大江広元が任じられました。また訴訟の審理・頼朝の採決を助ける機関として問注所も設けられます。こちらは三善康信が執事となりました。頼朝の天下を名実ともに実現するには平家を滅ぼす事でした。ただそれで終わりではなく、今度は院政復活を目論む後白河法皇との対決が待っていました。

 屋島の戦勝の結果、今回の源氏軍の総大将には九郎判官義経が任じられます。これは水軍の指揮のみで、陸軍は三河守範頼が握っていました。義経は摂津渡辺水軍、熊野水軍に加え伊予の河野水軍を味方に付けます。総兵力840隻。これに対し平家軍は軍船500隻だったと伝えられます。

 1185年3月25日運命の海戦は始まりました。負けると後の無い平家方は総大将知盛を中心に必死で戦います。戦場となった壇ノ浦は関門海峡のもっとも狭くなったところで、少数の側が多数の敵を迎え撃つには最適でした。平家はこの海戦に運命を賭けるつもりで、安徳天皇、生母建礼門院(清盛の娘徳子)、二位の尼(清盛の正室時子)など女性たちも最後尾の大船に乗って戦いの帰趨を見守ります。

 関門海峡は潮の流れが激しく、これを熟知した平家方が有利に戦いを進めました。義経軍は関門海峡の瀬戸内海側入り口満珠島、干珠島まで追いつめられたと言います。水上の戦いに慣れていない源氏方は苦戦します。業を煮やした義経は、平家方の水手、梶取(漕ぎ手)を弓で射るよう命じました。本来、海戦の場合非戦闘員の水手(かこ)は殺さないのが暗黙のルールでしたが、背に腹は代えられなかったのでしょう。軍記物では英雄的な決断だと持て囃されますが、多くの鎌倉武士はこの事で義経を見限ったとも言われます。

 水手を殺されて軍船のコントロールを失った平家方は、潮の流れが逆に変わり東から西に移った事で崩れ始めました。敗北を悟った平家方では、まず安徳天皇を抱いた二位の尼が入水。次いで女官たちが次々と身を投げます。三種の神器もこの時水没しました。安徳天皇と女官たちの最期を見届けた総大将知盛は、乳兄弟平家長と自害、享年34歳でした。教盛、経盛、資盛、教経ら平家の名ある武将たちも後に続きます。平家の棟梁宗盛も水に飛び込みますが命を惜しんで浮かび上がり泳いでいたところを捕えられました。安徳天皇の生母建礼門院は、入水するも着物が敵兵の薙刀に引っ掛かり生け捕られます。

 このほか、平家方で生き残ったのは二位の尼の弟平大納言時忠らごく少数でした。栄華を誇った平家はここに滅亡したのです。しかし全滅したわけではなく、日本各地に平家落人伝説が残ります。戦後、義経は建礼門院や宗盛ら捕虜を連れ京都に戻りました。範頼はなおも現地にとどまり戦後処理を担当します。



 京に帰還した義経は、都の人々に持て囃され凱旋将軍として得意の絶頂でした。後白河法皇は煽てに煽て、義経と彼に従っていた御家人たちを任官させます。さらに義経は、時忠の娘を娶った事が頼朝に知られ激怒されます。政治力も気配りもない義経は、何故兄頼朝が怒っているか理解できなかったのでしょう。頼朝の許可を得ず勝手に任官する事は、鎌倉政権の統制に関わる大問題でした。恩賞を与えるのはあくまで頼朝。朝廷の官位を与えるにしても頼朝の推薦が無ければ許されません。

 それを弟の義経自身が破ったのです。頼朝は怒りというより余りの弟の無能ぶりに目の前が真っ暗になったはずです。頼朝は、愚かな義経が法皇に利用され自分に牙を向く事を恐れます。そして現実的にそうなりつつありました。


 次回、腰越状事件、義経の謀反、義経の奥州逃亡について語りましょう。

源平合戦Ⅹ 一の谷から屋島へ

 正五位下斎院次官中原親能。鎌倉軍が1184年1月入京した時、人々は範頼や義経の名を知らず親能が総大将だと勘違いしたそうです。京で長年暮らして事情に明るい親能なくしては院や朝廷との交渉など不可能だったでしょう。範頼や義経はあくまで軍事面での総大将に過ぎず、実質的には親能が頼朝の意向を受けてすべての外交交渉、占領行政を司ったと言っても過言ではありません。ここが義仲軍との大きな違いでした。後白河法皇も、鎌倉軍を侮れないと悟ります。

 親能は摂関家の右大臣九条兼実と父の時代から親交が深く、院に対抗するため急接近します。九条兼実は元関白藤原忠道の第六子ですが、兄弟の近衛基実、松殿基房が摂政・関白を歴任する中1166年から1186年まで二十年も右大臣に留め置かれます。そのため、時の権力とは距離を置きその栄枯盛衰を冷めた目で見続けました。そんな兼実に絶好の機会が到来したのです。

 ライバル松殿家は、義仲の滅亡と共に没落。近衛家も平家との結び付きがあったためおとなしくしていました。兼実も九条家興隆のためには鎌倉の頼朝と結ぶことが不可欠だと考えます。ここに鎌倉と九条家と暗黙の同盟ができるのです。ただ院政復活を目論む後白河法皇としては、摂関家が再び力をつける事は好ましくなく院対鎌倉・九条家という対立の構図ができました。

 頼朝と義仲が血みどろの死闘を続けていた中、九州に落ちのびていた平家は強大な水軍を組織し再び摂津まで進出します。六万の陸兵を擁しかつての拠点福原に布陣し、京都奪還を虎視眈々と窺いました。後白河法皇は、秘かに平家に使者を送り和睦を画策します。今度は平家と頼朝を競わせようというのです。

 法皇の動きを察知した頼朝は、1184年1月26日軍事力を背景に法皇に平家追討の院宣を出させます。こうして源範頼、義経を大将とする源氏軍六万は平家を討つべく摂津に向かいました。範頼率いる主力の五万は生田口で平家軍主力知盛率いる五万と対峙します。平家側では、源氏軍が北方から回り込む事を警戒し教経に一万を与えて警戒させました。

 福原すなわち現在の神戸は六甲山が北に聳え瀬戸内海と挟まれた狭い土地です。教経の別働隊は一応の警戒のための配置で背後の一の谷だけは断崖絶壁でとても馬が駆け降る事ができないと防備は手薄でした。次将義経率いる一万は別働隊として丹波路を進みます。福原の北方に達した義経勢は、大部分を安田義定、多田行綱に授け教経勢に当たらせるため山手の夢野口に向かわせました。さらに土肥実平、熊谷直実らに三千を与え平家軍の背後に回らせました。

 義経自身はわずか七十騎余りを引き連れ、一の谷の断崖から真っ逆さまに駆け下ります。関東武士が馬の扱いに慣れていたこともあったでしょうが、まさかこんな方面から敵が攻めてくるとは夢にも思わない平家軍は大混乱に陥りました。平家軍は、沖合に軍船を浮かべていたこともあり、その場に止まって抵抗する気はなく我先に船に飛び乗って逃げ出しました。こういう面を見ても、平家軍の士気の低さが分かります。そしてこれは屋島でもまた繰り返されるのです。

 一の谷の鮮やかな勝利で、無名だった義経は名前を知られることとなりました。総大将範頼と中原親能は頼朝に戦況を報告するため一時鎌倉に帰還します。義経が残り京都の治安維持を任されました。慎重な範頼や、朝廷を知り尽くしている親能と違い、世間知らずの義経は後白河法皇にとって利用価値が高い存在でした。何かとちやほやし優遇します。8月6日、法皇より左衛門少尉、検非違使に任ぜられました。検非違使の唐名から以後義経は九郎判官(くろうほうがん)と呼ばれることとなります。

 官位を授けられ有頂天になっている弟義経を見て、頼朝は苦々しく感じます。鎌倉政権が存続するには朝廷や院と距離を置かなければならないのです。慎重な範頼はそれを理解していましたが、義経は兄の危惧を全く気付いていませんでした。このころから兄弟の間に隙間風が吹き始めたのでしょう。軍事的才能は優れているのに政治力皆無、後白河法皇としてはだからこそ使えると踏んだのです。

 敗走した平家追討の任務は範頼に与えられました。義経は任務を外され京に止められます。頼朝の了解を得て朝廷から三河守に任じられていた範頼は、1184年8月北条義時、千葉常胤、足利義兼、三浦義澄、小田朝光、和田義盛ら文字通り鎌倉軍の主力五万を率いて西国遠征に出立しました。ただその目的は、平家討伐ではなく山陽山陰から九州にかけて平家方の武士を鎮圧し平家軍を瀬戸内海に孤立させる事でした。

 備前国藤戸で平家軍の抵抗に遭い苦戦しつつも範頼軍は長門に達します。ところが制海権を平家が握っていたため兵站が阻害され深刻な兵糧不足に陥りました。1185年1月、豊後の豪族緒方三郎惟義が味方に付いたため九州方面から物資が入り一息つきます。周防から九州の豊後に渡った範頼軍は、筑前における有力な平家党原田種直を豊前葦屋浦で撃破、大宰府を制圧し九州に確固たる基盤を築きました。

 こうして平家軍は、相変わらず瀬戸内海の制海権は握っているものの背後の九州に逃げ込めなくなり戦略的に詰みます。後は掃討するのみ。軍記物では屋島と壇ノ浦を重要な戦いとしてが来ますが、すでにこの段階で戦略的には勝負あったと私は見ます。


 一の谷で敗北した平家は、讃岐国屋島(高松市)に新たな拠点を築きました。三方を海に囲まれた半島に位置し難攻不落ともいえる所です。範頼が戦略的に平家を追い詰めつつあるので別に急いで攻める必要もなかったのですが、軍功に焦った義経は強引に出兵を決めます。後白河法皇に直談判し西国出陣を奏上、許可を得ました。頼朝の許可があったか不明です。おそらく独断でしょう。一説では頼朝が義経に求めたのは平家攻めのための軍船集めだけだったとも言われます。

 出陣の準備中、軍目付として頼朝の命を受け義経を監視していた梶原景時との間に有名な逆櫓の争いが起こりました。ただ事の本質はそのような枝葉末節な事ではなく、独断専行する義経に景時が釘を刺したというのが真相でしょう。梶原景時は頼朝が最も信頼する御家人で、ほかの武将が漠然とした戦勝報告しかできない中、戦場、戦況、戦の経過、討ち取った武将の首など詳細に報告し、頼朝は初めて満足したというエピソードもあります。

 1185年2月、摂津多田渡辺党の水軍と熊野堪増の水軍を味方に付けた義経は颯爽と渡海しました。率いるのはわずか百五十騎。暴風雨を衝いた強行軍です。こういう拙速とも言える義経の行動も慎重な景時には気に入らない所でした。自然、鎌倉に対する景時の報告が辛いものになるのは仕方ありません。しかし、義経の軍才は確かに優れていました。ぐずぐずしていては敵に少勢である事がばれると、一直線に屋島に急行します。

 平家にとって最悪のタイミングだったのは、主力軍が伊予の河野通信討伐で出払っていた事でした。屋島の背後に達した義経勢は、付近の民家に火を放ち大軍であるよう見せかけます。突如現れた源氏軍を見て平家はまたしても抵抗せず、船で海上に脱出します。もしこの時籠城して頑張れば、伊予から戻ってきた平家軍主力と挟み撃ちできたかもしれなかったのです。天運にも見放され、軍の士気も低い平家はここでもろくに抵抗せず敗北しました。

 この時、義経軍の那須与一と平家の女官の間で扇の的を射るというエピソードが起こります。しかしそんな悠長な事をする暇があったら平家は再度岸にとって返し死に物狂いで一戦すべきではなかったでしょうか?とにかく瀬戸内海における重要拠点を失った平家は長門国彦島(下関市)に逃れるしかありませんでした。壇ノ浦の最終決戦は刻一刻と近づきつつあります。



 次回、平家滅亡に御期待下さい。
FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

鳳山

Author:鳳山
FC2ブログへようこそ!

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

九州戦国史~室町末期から江戸初期まで~
検索フォーム
QRコード
QR