fc2ブログ

薩摩藩と琉球の石高

 たまたま気になって調べたんですが、西国の雄で維新の原動力ともなった薩摩藩。関ヶ原の敗戦後外交の限りを尽くして幕府に本領安堵されますが、その時の石高は61万石だったと言われます。その後江戸幕府の許可を得て琉球に侵攻、琉球の石高11万石を合わせて72万石になりました。俗にいう薩摩77万石は、享保内検の石高86万7千石から琉球分の9万4千石余を引いた数値だそうです。

 イメージ的に桜島や霧島山系の噴火でシラス台地が広がる薩摩や大隅の地がそんなに豊かなはずないと思っていたんですが、鹿児島県のホームページを見ると薩摩77万石というのは俗にいう籾高で他藩並みの米高に換算すると37万石程度に過ぎないと知り衝撃を受けました。

 こうなると江戸幕府が設定した72万石というのは軍役や各種普請を薩摩藩島津家に課す家格ですから相当苦しかっただろうと思います。南部藩のように宿敵津軽藩に対抗し自ら家格を釣り上げた(10万石から20万石に)のでなければ、江戸幕府の嫌がらせという側面もあったのかもしれません。だから薩摩藩は米以外の収入を得るべく殖産興業に勤め琉球を通じた密貿易で実力を蓄えたのでしょう。

 琉球の石高ですが、最初薩摩藩が侵攻した時は11万石で享保年間には9万4千石に減っています。これはあくまで私見ですが、薩摩藩は少しでも外貨を稼ぐために琉球の領民に米作りではなく砂糖黍栽培を強制したのではないかと思うんですよ。米よりも砂糖黍のほうが高く売れますからね。

 薩摩藩の内部でも武士の数が他藩より圧倒的に多かったため財政的には非常に苦しかっただろうと想像します。他藩が薩摩藩に悪口を言うとき芋侍と揶揄したそうですが、実際下級武士の郷士たちは米ではなくさつま芋を主食にしていたそうですから哀れです。しかしそれがハングリー精神をはぐくみ質実剛健な薩摩武士を形成したとすれば良い面もあったのかもしれません。

 搾取される一方の琉球の住民にとっては悪夢だったでしょうが。幕末期、薩摩藩は内高(実際の収入)が90万石以上になっていたそうですが、これは殖産興業と密貿易の成果だったのでしょうね。米だけに頼る経済では蓄財はできなかったそうです。長州藩も似たような経済政策で莫大な資金をため込んでいたと言われますし、仙台藩が内高200万石と言われていても幕末期振るわなかったのは米中心の経済という側面もあったのかもしれません。

 歴史を経済面からアプローチするのもなかなか面白いと個人的には思いました。
スポンサーサイト



鬼界カルデラ噴火と縄文時代の人口大激減

スクリーンショット 2024-03-31 003559
 日本は火山国だと言われます。世界の活火山の7%が日本にあると言われ、浅間山、御嶽山、阿蘇山、桜島などが有名です。記憶に新しいところでは、長崎県島原半島にある雲仙普賢岳が1991年6月に噴火し火砕流で43名の死者行方不明者を出しました。また2014年9月には長野県と岐阜県の県境にある木曽御嶽山が噴火し登山客58名の死者を出すという痛ましい災害もありました。

 わが熊本では阿蘇山が噴火したというニュースはしょっちゅうありますし、鹿児島県桜島の噴火も日常茶飯事です。いつ起こるか分からない南海トラフ地震にも連動して富士山が噴火する可能性も指摘されていますし、いつ噴火災害が起こるか分かりません。日本人は覚悟が必要だと思います。

 日本が地震国である証拠は日本各地にあるカルデラ地形です。北は日本最大のカルデラ地形である北海道の屈斜路カルデラ、本州にも青森県の八甲田カルデラ、十和田カルデラ、栃木県の塩原カルデラ、静岡県の箱根カルデラなど大小数々のカルデラ地形があります。

 カルデラができる原因は主に火山の噴火だとされます。阿蘇山などは27万年前から9万年前まで4回にかけて起こったカルデラ噴火で形成された地形だそうです。この時は火砕流が九州の半分を覆ったと言われ、火山灰は遠く東北地方にも降り注いだそうです。縄文時代よりはるかに前なので、さすがに多くの人が犠牲になったとは思われませんが、旧石器時代は200万年前から始まったとされるのでもしかしたらすでに日本列島にも人類は到達していたかもしれません。

 前置きが長くなってしまいましたが、縄文時代の人たちに多大な影響があった巨大噴火がありました。それは鬼界カルデラの噴火で約7300年前です。過去1万年で最大の火山噴火だったそうで、火砕流は九州南部に到達し九州南部の縄文文化を壊滅させたと言われます。



 鬼界カルデラは海底火山で海上に出ている薩摩硫黄島や竹島はその外輪山の一部です。その大きさは南にある屋久島に匹敵します。縄文時代は16000年前から始まったと言われ紀元前400年ころまで続きます。昔のイメージだと狩猟採集生活をしていたと思われがちですが、一部には栗などの栽培、そして縄文時代の末期には稲作も始まっています。

 鹿児島県の52%と宮崎県の南部16%はシラス台地と呼ばれる火山灰で形成される火砕流地形が広がっています。それは鬼界カルデラや桜島、霧島山などの噴火が相次いだためです。鬼界カルデラ噴火の火山灰は東北地方南部にまで達しているので大規模な噴火だったことが分かります。

 その火砕流に直撃されたら人間や動物、植物が生きていけないことは分かります。ただ火砕流の影響がなかったところは影響が少ないだろうと素人は考えてしまいます。しかし、火山灰が浮遊し太陽光を遮るため植物の育ちが悪くなり、それを食料にする草食動物も激減します。となるとそれを狩猟して生活していた縄文人も生きていけなくなります。

 また、空気中に浮遊する微粒子の火山灰で灰をやられ呼吸困難にもなり下手したら死にますし、降り注いだ火山灰の硫黄成分などで水が汚染され、飲み込んだら消化器官をやられるそうです。

 実際、この時期縄文人の推定人口は激減しています。縄文時代末期、26万人いた人口が3分の1の8万人に激減したのは寒冷化が原因だと言われますが、おそらく鬼界カルデラ噴火の直後もそれに匹敵する人口激減が起こったであろうと推定されます。

 直接関係ないようで実は関係あると私は見ているんですが、朝鮮半島は2万年前から8000年前にかけてほぼ無人だったそうです。考えてみれば日本より寒冷で土地がやせている朝鮮半島に人が住みにくいのは理解できます。かといって農耕文化はまだ無い。ところが8000年前以降徐々にではあるものの朝鮮半島に人が住み着き始めたそうです。

 私は鬼界カルデラ噴火で故郷を追われた縄文人たちが生き残りをかけて日本各地に移住し、その中の一部は朝鮮半島にも達したのではないかと考えました。過去記事で縄文時代末期縄文人たちが海を渡り半島にも稲作をもたらしたと考察しましたが、その前にすでに縄文人の居住区は半島にできていたのかもしれません。これが任那日本府の真相だと私は考えています。

 全く知らない外国の土地より、同胞が住んでいる土地のほうが移住しやすいですからね。今後鬼界カルデラ噴火に匹敵するような大噴火が起こるかどうかは神のみぞ知るですが、何が起こっても良いように覚悟だけはしながら生きたいですね。

刀伊の入寇で活躍した藤原隆家の子孫たち

 海音寺潮五郎の小説『海と風と虹と』(NHK大河ドラマ『風と雲と虹と』の原作の一つ)で平将門と並ぶもう一人の主人公藤原純友が京都で初めて出会った将門に語った一節があります。

 「今日(こんにち)の公家は国家に巣食う白蟻どもだ」と。純友は国家を運営する立場でありながら荘園を経営し、あろうことか国衙領まで侵食して国家財政を傾けている摂関家をはじめとする上級公家どもを国家に寄生する害虫に例えたのです。それは藤原一門に連なりながら不遇をかこっている純友自身の義憤でもあり、同じ義憤を抱くであろう将門に共感してほしかったのだと思います。

 私も純友の意見に共感します。ですからいくら華やかでも藤原摂関家は大嫌いなのです。その中で唯一認めているのが藤原隆家です。過去記事で書いた通り平安時代の危機であった刀伊の入寇を退けた英雄でした。ただ、そのために時の最高権力者道長に疎まれ出世を阻まれます。

 私の印象では、道長とその子孫である摂関家に疎まれた隆家の子孫たちは不遇をかこったと思っていました。ところが、意外にも時代の節目節目で活躍していたことが分かりました。まず隆家の長男良頼の子孫ですが平安末期に平忠盛(清盛の父)の後妻池禅尼を出しています。彼女は、平治の乱の後、敵方であった源頼朝を清盛に助命して伊豆に流刑させています。ところが頼朝を生かしたばかりに挙兵され結局は平家を滅ぼす元凶となりました。

 隆家次男経輔(つねすけ)の長男師家(もろいえ)の子孫からは平安時代末期平治の乱を起こした張本人藤原信頼を出しています。後白河法皇の寵臣として増長し政敵であった藤原信西入道、平清盛を除こうとして乱を起こすのですから始末に負えません。結局敗北して斬首されるという哀れな末路でした。

 また経輔の四男師信の家系からは南北朝時代後醍醐天皇の近臣で武家を苛め抜く坊門清忠を出しています。NHK大河ドラマ『太平記』でも憎たらしい存在でしたね。あの性格の悪さは隆家の子孫と言うより道長の子孫のようなイメージがありますが(苦笑)。

 坊門家の傍流からは羽林家【極官大納言を出す家格。摂家(摂政・関白になれる家系)、清華家(極官太政大臣)、大臣家(極官内大臣)に次ぐ4番目の家格】の水無瀬、七条、町尻、桜井、山井の五家が出て幕末まで続きました。

 紫式部の年の離れた夫藤原宣孝の兄説孝(ときたか)の子孫から有名な上杉氏が出て、NHK大河ドラマ『光る君へ』で益岡徹演じる左大臣源雅信の子孫から宇多源氏佐々木氏(六角氏が嫡流、庶流の京極家も有名)が生まれるなど先祖を調べると面白いですね。

熊本城

熊本城2023年11月16日全域図

 ちょうど、菊池一族の事を考えていたんですよ。菊池氏は南北朝時代15代菊池武光が征西将軍宮懐良親王を擁し一時は九州制覇するほどの勢いだったのに戦国時代衰退して、支流(一応嫡流とも言える)は日向国米良荘(西都市の西側山間部と西米良村の全域)に逃れて細々と命脈を保ちました。江戸時代、名家好きの家康に取り立てられ交代寄合の旗本(5000石格 本当にそれだけ米が採れたかは不明)になります。明治期に男爵。ちなみに江戸時代、菊池氏は米良氏と名前を改め、米良荘に在住を許されました。米良氏の扶養は人吉藩の相良氏に任されたそうで、2万2千石しかない相良家にとっては非常に迷惑だったと思います。幕府の命令に嫌々従っていたのでしょうね。

 菊池氏は、平安時代大宰府権帥として刀伊の入寇を防いだ藤原隆家の子孫を称していますが、実際は古代豪族狗古智(くくち)氏の流れをくみ大宰府の在庁官人として仕えていた藤原政則の子孫だと言われます。菊池氏の本拠は現在の菊池市菊池神社にあった隈府城ですが、歴史上何度も落城しています。そのたびに米良荘に逃れ再起しているのですから不死鳥のような一族だとも言えます。この辺り筑前の少弐氏と似ていますね。山地が多い九州地方独特の特徴なのかもしれません。他の地方で似たような例があったら教えてください。出雲の尼子氏がやや近いかな?

 前置きが非常に長くなりましたが、現在の熊本城の前身千葉城を築いたのは菊池氏の一族出田秀信(生没年不詳、応仁・文明年間)でした。現在の熊本城全域にあたる茶臼山ではなくその東端、現在のNHK熊本支局があるあたりです。本拠地隈府が肥後の北に偏りすぎており、肥後全域支配のために肥後の中央部にある千葉城を有力な支城として一族を配したのでしょう。律令時代の肥後国国府も現在の熊本市南部にあり、熊本平野を支配するにも都合良かったのかもしれません。

 もともとこの地は、肥後国を制する枢要な地であり古代から様々な城柵があったはずですが調べる時間がないのでここでは紹介しません。戦国時代、この地を支配した鹿子木寂心入道親員(ちかかず)が千葉城の南西、同じく茶臼山の一端に隈本城を築きます。これも現在の熊本県立第一高校のあるあたりでした。鹿子木氏は一応戦国大名と言いながら、実際は最盛期でも石高10万石前後という弱小大名で、豊後の大友氏が侵略してくるとそれに屈します。鹿子木氏は大友氏に隈本城を追われ現在の高橋稲荷近くに山城(高橋城)を築いて退きました。

 以後、肥後国は豊後の大友氏、肥前の竜造寺氏、薩摩の島津氏の草刈り場となり荒廃します。豊臣秀吉の九州征伐で肥後国は豊臣政権に組み入れられました。戦後の論功行賞で肥後国は二つに分割され、肥後北部25万石は加藤清正に、南部24万石は小西行長に与えられます。

 肥後半国25万石の太守となった加藤清正は、居城の選地に悩み、最初は現在の横島町にある横島山(標高55.5m)に城を築こうとしました。しかし横島が邪(よこしま)に通じるのと、領国の中央近くにあるものの、西国街道から外れて交通の便も悪いため諦め、千葉城や隈本城のある茶臼山に新たな城を築くことにします。これが隈本城で、旧千葉城や隈本城も包含する巨大な城になりました。隈本が熊本に改められたのも加藤清正によってです。

 茶臼山は北区植木町から南に延びる京町台地の先端にあり比高50.9m。熊本城は周囲5.9㎞、総面積98ヘクタールに及びました。東京ドーム21個分で全国有数の規模です。五層六重の大天守、三層の小天守を中心に第三の天守と呼ばれる宇土櫓はじめ49の櫓、櫓門18、城門29をもち、扇の勾配と言われる独特の石垣、何重にも設けられた虎口、坪井川から引いた堀など過剰ともいえる防御施設を誇っていました。

 これは仮想敵国島津氏に備えたものだとも言われますが、関ケ原以降は万が一の時に大坂城から豊臣秀頼を迎え徳川政権に対し抵抗するという意図もあったと言われ、西南戦争で激戦となった田原坂も熊本城築城と同時に清正が整備させたと言われます。現地を訪れた方なら分かると思いますが、田原坂は緩やかな坂ながら側面を土塁に囲まれ鬱蒼と茂る森で視界を遮られ非常に攻めにくい構造でした。しかも当時は他に街道がなく熊本に至るには田原坂を通るしかありません。これを見ると南側の島津氏に対しては白川をわざと決壊させ洪水をおこし防ぐ、北側を攻める徳川幕府軍に対しては田原坂を前哨陣地にするという戦略構想だったのでしょう。

 その後、熊本藩は清正の子忠広の代に断絶、代わって豊前国らから細川氏が肥後54万石の領主として入部しました。細川氏は江戸期を通して熊本藩の領主として続くのですが、熊本城の真価が発揮されるのは西南戦争でした。熊本鎮台兵3000人が籠る熊本城は西郷軍1万5千(その他九州各地の不平士族が参加して3万人以上に膨れ上がる)の攻撃を跳ね返し、清正の構想通り田原坂で明治新政府軍と激戦を演じるも敗退します。

 戦国期の築城でも、近代戦に十分耐えたことは清正の築城構想が正しかった証明なのでしょう。最近熊本地震で熊本城は大きな被害を受けましたが、再建されたらまた訪れたいと思います。

後南朝と熊沢天皇

 久々の日本史でどマイナーな話題ですが、不思議書庫に入れたほうが良いかもしれません。

 皆さんは後南朝という名称を聞いたことがありますか?おそらく学校の歴史教育ではほとんど出ないので知らない方が多いと思います。1392年室町幕府三代将軍足利義満の斡旋により対立していた南北朝が合一しました。その時の約束では今後北朝と南朝の天皇が交互に即位するという話だったそうですが、どうも義満は北朝側に説明していなかったらしく(あるいは南朝を騙すつもりで)、北朝の後小松天皇の後に息子の称光天皇が即位、以後も北朝が天皇位を独占し現在に至っています。

 南朝側は約束が違うではないかと怒り、南朝後亀山天皇の孫(あるいは曾孫)にあたる小倉宮を推戴し北朝と幕府に対し抵抗運動を起こしました。伊勢国司北畠満雅が1429年小倉宮を擁して挙兵、一時は大きな騒動になりますが、これは鎮圧され北畠満雅は敗死、小倉宮も行方不明になったと言われます。

 しかし南朝の遺臣たちの抵抗運動は続き、1443年には皇居から三種に神器のうち草薙剣、八尺瓊勾玉を奪うという大事件(禁闕の変)を起こします。剣は何とか奪回しましたが、神璽(勾玉)は奪われたままで、遺臣たちは長慶天皇の子孫(小倉宮の子孫とも?)といわれる自天王、忠義王を奉じて吉野の山中に立て籠もりました。

 困り果てた幕府は、嘉吉の変で将軍義教を暗殺し滅ぼされた赤松家遺臣にお家再興を約束して神璽を取り返させようとします。こういう汚れ仕事は逆賊の遺臣にちょうど良いと押し付けられたのでしょう。1457年赤松遺臣たちは吉野に攻め入り自天王、忠義王を殺し見事神璽を奪回しました。これを長禄の変と呼びます。

 その後も南朝の子孫と称する者が登場し幕府に反旗を翻しますが、大勢は動かずそのうち下火になり忘れ去られました。この一連の流れを後南朝と呼びます。実はこれに関し過去に『美作後南朝と山名氏の関係』という記事を書いていますので興味ある方はご覧ください。



 時は流れ20世紀、戦後の混乱期GHQに対し「我こそ南朝の正統な天子である」と名乗り出た人物がいました。彼の名は熊沢寛道(ひろみち)。実は熊沢家は寛道の養父(寛道も傍系から養子になったので一族ではある)の大然(ひろしか)の時代から、明治政府に何度も嘆願書を差し出し自分を南朝の正統な子孫と認めるよう要求していたそうです。

 が、当然のことながら黙殺されました。ところがGHQは昭和天皇の権威を失墜させ皇室を破壊しようという狡猾な意図から熊沢天皇を認めるような動きをします。しかし、昭和天皇は戦後全国巡回し国民を慰撫して回ったため国民の天皇に対する信頼は微動だにしませんでした。むしろ現人神の戦前より尊崇の念が上がったと思います。

 一時はマスコミに取り上げられ話題の人となった熊沢天皇ですが、そのうち忘れ去られ1966年東京板橋の病院で膵癌のために死去、享年76歳でした。



 ここで熊沢天皇が本当に南朝の子孫だったか考察してみましょう。熊沢家は愛知県で農業を営む家でした。わりと裕福な家だったそうです。実は愛知県西部の尾張国は南朝と関係なくもないのです。室町時代尾張守護を務めた斯波氏は、足利将軍家に含むところがあったのか宗良親王の末裔の大橋氏や、楠木氏の子孫ら南朝所縁の者が多く移り住んでいるのです。斯波氏がこれを弾圧したという記録はないので、いざというとき使えるくらいは考えていたかもしれません。ちょうど山名氏が美作国に南朝の子孫を匿ったように。

 という事で、熊沢天皇が南朝所縁の人物の可能性は高いと思います。ただ、正統な南朝天皇の子孫かどうかは疑問が残ります。熊沢大然が明治政府に証拠として提出した家系図に矛盾があるからです。熊沢家が始祖と称する小倉宮のお名前は恒敦親王。ところが家系図では実仁親王となっています。実は実仁親王は北朝の称光天皇のお名前です。

その他、家系図に様々な矛盾がある上、熊沢家が確かに南朝の流れをくむという物的証拠(懐剣とかお墨付きとか宝物の類とか)が無いという致命的弱点がありました。明治新政府が学者に依頼して調べさせたところあり得ないと分かったので黙殺したという事です。

 もし、証拠があったら皇族にはなれなくともある程度の処遇は受けていたかもしれませんね。実は南朝の正統な子孫は別のところに存在し、証拠を受け継ぎひっそりと暮らしている可能性はあると思いますし、ロマンがありますね。

畠山重忠と惣検校職(そうけんぎょうしき)

 マニアックな話題で申し訳ございません。大河ドラマ鎌倉殿の13人で畠山重忠が代々武蔵国惣検校職を受け継いできたという話が出ました。今回は惣検校職とは何か?について考えていきたいと思います。

 その前に大前提として当時の地方行政の話をします。律令体制下では朝廷から各国に国司が派遣されていました。国府の長官である国守(くにのかみ)、次官の介、三等官の掾(じょう)、四等官の目(さかん)です。このうち国守、介くらいは朝廷から派遣されたものの、掾や目は地方の有力豪族が任命されたケースが多かったと思います。

 そのうち、国司に任命された貴族たちも現地に赴任することを嫌がりだし、代官を派遣するようになります。これを遙任(ようにん)と呼びます。平安時代末期になると有力貴族や有力武士に知行国といって特定の国の知行権を与えるようになってきました。荘園の成立で律令体制の崩壊が始まったのですが、この知行国制度はそれに完全に止めを刺したとも言えます。

 例えば平安末期、武蔵国の知行国守は平家でした。有名どころだと平知盛。もちろん本人は現地に赴任しませんから代官を派遣しして支配しました。これを目代と呼びます。伊豆の目代山木兼隆は源平合戦で良く知られていますね。

 ところで国司が赴任しないのだから国府の行政は滞りますよね。そこで目代のもとで留守所というものが設けられました。留守所は目代を中心に在庁官人で構成され、公文書をつかさどる公文所(くもんじょ)、警察をつかさどる検非違所(けびいしょ)、徴税をつかさどる税所(さいしょ)などが置かれました。それぞれの部署の責任者を検校職と呼びます。惣検校職とはこれらの部署を統括する役目でした。国務は在京の知行国守の命を受けた留守所の下文(くだしぶみ)で執行されました。

 では惣検校職が常設の役職だったかというと、そうでもなかったようです。資料で確認されているのは大隅国で1025年。武蔵国は鎌倉時代に入った1226年です。ですから畠山重忠が惣検校職だったかは怪しいと思います。目代がいるのに惣検校職があっても無意味ですからね。

 伝承では武蔵国留守所惣検校職は秩父氏の惣領が代々受け継いできたと言われます。畠山重忠は当時の秩父氏の惣領。ですから惣検校職になっていたと説明されれば納得はできます。平安時代末期には行政権に加え現地の武士を指揮統制・動員する軍事権も持っていたと言われますから武蔵国の有力御家人畠山重忠が惣検校職なのは自然ではあります。

 しかし、大隅国は特殊事情があって(隼人など統治が難しい異民族がいた)惣検校職を設けたとすれば、武蔵国に似たような理由があったかは非常に疑問です。確認されている1226年に惣検校職だったのは河越重員(しげかず)。重員は畠山氏滅亡後秩父氏の惣領になっています。そして重員は北条得宗家の被官でした。当時、大隅国も武蔵国も国守は北条氏です。泰時(あるいはその父義時)が被官の河越重員の箔をつけるために大隅国にあった惣検校職の役職(名誉職)を与えたと考えるのが一番自然な気はします。そして河越氏が代々惣検校職を受け継いだ時に、これはもともと秩父氏惣領が受け継いできた役職だったと称したのかもしれません。

 そもそも畠山重忠が武蔵国留守所惣検校職だったとすると、比企氏全盛時代にもっと軋轢があったはずだと思うんですよ。皆さんは畠山重忠の惣検校職、どのように思われますか?

佐々木氏の本貫の地佐々木庄はどこにあったか?

佐々木庄

 近江源氏佐々木氏。宇多天皇の玄孫源成頼が近江国佐々木庄に下向したことから始まる一族ですが、鎌倉中期以降、嫡流で近江守護になった六角氏、北近江と出雲、隠岐、飛騨の守護となった京極氏に分かれます。

 京極氏は室町幕府の侍所頭人になれる家柄四職家(京極、山名、赤松、一色)だったので、こちらの方が優遇されているように見えますが、実は経済的には嫡流六角氏と大差がついていました。戦国末期から江戸初期の石高で言うと六角氏の支配領域南近江は50万石強。一方京極氏の北近江は20万石弱しかありません。この差は、石高は後世より低いとはいえおそらく鎌倉時代から変わらなかったはずですから室町幕府で名誉を得た京極氏、実利を得た六角氏と言えるでしょう。

 京極氏は南北朝期の佐々木道誉(高氏)が有名ですが、その後は鳴かず飛ばず、守護になった飛騨には浸透できず、出雲は守護代尼子氏に乗っ取られました。一応飛騨国司姉小路家を乗っ取った飛騨三木氏は佐々木氏流とも言われますが、出自がはっきりと分からないため何とも言えません。それに比べると六角氏は高頼の時代室町幕府九代将軍足利義尚の追討軍を破るほどの実力を持ち、その後の戦国時代も京の将軍継承争いに介入するほどでした。

 では、佐々木氏発祥の地佐々木庄はどこだったか気になって調べてみました。どうも近江国蒲生郡佐々木(滋賀県近江八幡市安土町)当たりが本拠地だったみたいですね。地図で見ると有名な織田信長の安土城の近く、六角氏の居城観音寺城もすぐ近くです。六角氏が南近江一円を支配したのは室町時代以降でしょうが、近江平野の中心地を支配していたとなるとその後の富強は約束されていたようなものだったでしょう。

 六角氏が近江源氏の嫡流というのも納得できますね。それに比べると京極氏の北近江はあまり石高が高くなく、応仁の乱後は没落し守護代浅井氏の客分にまで落ちぶれるのですから哀れを誘います。ただ、京極高次の時代に大逆転し豊臣大名から江戸大名に転身し讃岐丸亀6万石で幕末まで続くんですから世の中どうなるか分かりませんね。

豊臣三中老のその後

 本日の話題は非常にマニアックですのでスルーお願いします。



 三中老というのは豊臣政権で五大老と五奉行の意見が合わないときに仲裁役として設けられたもので、生駒親正、堀尾吉晴、中村一氏が任ぜられました。ちょうど戦国時代をテーマにしたシミュレーションゲームを遊んでいてこの三人が出てきたものですから、彼らの子孫がどうなったのか気になりました。

 生駒親正は讃岐丸亀十七万石、中村一氏は伯耆国十七万五千石、堀尾吉晴は出雲二十三万五千石を関ケ原後領したはず。ただ江戸期を通じて彼ら以外の大名がこの地を領しています。讃岐丸亀は生駒氏の後山崎氏が入り最後は京極氏が六万石→五万一千石で幕末を迎えています。出雲は堀尾氏から京極氏に代わり最後は親藩の松平氏で幕末に至りました。伯耆は中村氏の後因幡と共に池田氏が三十二万石で入り伯耆国の米子城には家老の荒尾氏が入ります。

 調べてみると、三氏ともお家騒動とか無嗣断絶で終わっていますね。生駒氏は1640年親正の曾孫高俊の代に生駒騒動を起こして断絶、嫡男高清が八千石の旗本になり幕末まで続きました。

 中村氏は一氏が1600年8月に死去、1609年には嫡男一忠が急死し後継ぎがいなかったためあっさり断絶しています。運がない一族でしたね。

 堀尾氏も嫡男忠氏が早死にし、吉晴本人も1611年69歳で亡くなっています。孫の忠晴が跡を継ぎますが1633年35歳の若さで急死しこれも後継ぎがいなかったために断絶しました。徳川家に近い大名なら一族の誰かを旗本に取り立て家名だけは残すのでしょうが、豊臣恩顧の大名には冷たかったんでしょうね。福島正則とか加藤清正も同じ扱いですから。正則の子孫は二千石の旗本になったようですが…。

 こうしてみると織豊期に勃興した家で江戸時代を生き抜くことは難しかったんでしょうね。それを考えると平安時代から幕末まで続いた佐竹氏、鎌倉時代以来の島津氏、南北朝以来の伊達氏は凄いと言わざるを得ません。これら三家は勢力の増減はあってもずっと大名ですから。

鎌倉殿の13人の有名子孫たち

 NHK大河ドラマで鎌倉殿の13人が始まって鎌倉時代への興味が再び湧いてきました。13人というのは頼朝死後二代将軍頼家が若く政治経験がなかったことから宿老13人が合議制で幕府を運営したもので歴史的には十三人の合議制と呼ぶそうです。

 この合議制は幕府執権北条氏が次々とライバルになりそうな有力御家人を滅ぼしたので早晩崩れます。そして執権北条氏による独裁体制へと移行するのです。では彼ら13人の子孫がどうなったか気になりますよね。有名どころだと大江広元の子孫は戦国大名毛利氏で江戸時代も周防長門37万石の大名として幕末まで続きます。それ以外の御家人はどうなったのでしょうか?



◇三浦氏  

 1247年宝治合戦で北条氏に滅ぼされる。傍系から嫡流を継いだ三浦氏は伊勢宗瑞(北条早雲)に滅ぼされる。庶流は会津の戦国大名蘆名氏になるがこれも伊達政宗に滅ぼされる。



◇和田氏

 初代侍所別当和田義盛は1213年和田合戦で北条氏に滅ぼされる。義盛三男朝比奈義秀のみが生き残る。戦国時代駿河今川氏に仕えた朝比奈氏は義秀の子孫だと言われる。



◇比企氏

 1203年比企能員(よしかず)の変で北条氏に滅ぼされる。族滅に近かったので子孫がどうなったか不明。



◇八田氏

 八田氏初代知家は宇都宮一族で常陸守護。彼の子孫は小田氏を名乗り戦国最弱武将として名高い小田氏治は彼の子孫。何回落城しても復活しているんだから領民には愛されていた模様。



◇安達氏

 1285年霜月騒動で北条氏に滅ぼされる。北条氏というより実質的には北条氏の内管領平頼綱の主導ではあったが。これも族滅に近く有名子孫は不明。



◇足立氏

 こっちの足立氏は目立たない存在。足立氏も霜月騒動に巻き込まれ滅びている。子孫は丹波国氷上郡佐治郷の地頭になり明智光秀に仕えたと言われる。



◇梶原氏

 私は草燃えるの大ファンなので景時を演じた江原真二郎のイメージが強い。景時は東国武士に珍しい有能で教養のある武士だったがあまりにも官僚気質だったため他の御家人に嫌われ1200年御家人66名の弾劾で失脚、京都に逃れようとするも北条氏の追手に攻められ滅亡。子孫は奥州、下野、武蔵、尾張、讃岐に残った。



◇二階堂氏

 藤原為憲流なので工藤氏(伊東氏)と同族。子孫は全国各地に広がるが、奥州須賀川城主の戦国大名二階堂氏が一番有名か?



◇中原氏

 中原親能は大江広元の実兄。子孫は下級貴族の押小路家の他、三池氏や鹿子木氏ら肥後や筑後の小大名になったものが多い。親能が筑後、肥後の守護になったことと関係していると思う。熊本の戦国ファンなら鹿子木寂心をあげるだろうが全国区ではないので誰も知らないだろうな。隈本城(加藤清正の熊本城の前身)の築城者なんだけどね。



◇三善氏

 康信は初代幕府問注所執事。大江広元と並ぶ有能な官僚だった。子孫は筑後国行葉郡に所領を持ち問注所氏になった。問注所氏は豊後の大友氏の圧迫を受け被官化する。最後は柳川藩立花家に仕えた。



◇大江氏

 大江広元は初代幕府政所別当。1221年承久の乱で京都守護だった広元長男親広失脚。1247年宝治合戦では広元四男毛利季光が三浦氏に味方して討たれる。広元次男長井時広が嫡流として残るが、南北朝時代伊達氏に滅ぼされる。毛利季光の四男経光が安芸国吉田荘に下向し戦国大名毛利氏になった。



 残りの二人は北条時政、義時父子なので説明不要でしょう。鎌倉幕府の十三人の宿老の子孫を調べるのは面白いですね。非常に楽しかったです。

土肥遠平と小早川氏

 平安時代末期から鎌倉時代に渡る非常にマイナーな話ですので興味ない方はスルーしてください。

 私は日向の戦国大名伊東氏が好きで、その関連で先祖の工藤祐経も好きだという話は以前書きました。世間一般では工藤祐経は曽我兄弟の仇討の敵役としてイメージが悪いですが、もともと曽我兄弟の祖父で祐経の叔父でもある伊東祐親が祐経の所領を押領したのが発端ですからどっちもどっちではあります。祐親を殺すつもりが、祐親の嫡男で曽我兄弟の父に当たる河津祐泰がとばっちりで殺されたのは気の毒ではありますが…。

 今回の話は、伊東祐親が工藤祐経の所領を押領した時同時に祐経に嫁がせていた娘の万劫御前を強制的に離縁させ土肥遠平に再婚させた後の話です。土肥氏は桓武平氏良文流で相模国土肥郷を領した武士でした。遠平は源頼朝の鎌倉幕府創建に協力した土肥実平の嫡男です。遠平の生没年が分からないためはっきりと断言はできませんが、一応万劫御前は遠平の正室とされていますので遠平の嫡男維平は万劫御前の子供かもしれません。

 実は遠平は実子維平の他に佐久源氏平賀義信の五男景平を養子に迎えています。この辺りの経緯が謎なんですが、平賀義信は源氏の有力者で比企氏や北条氏とも姻戚関係だったため幕府内での勢力維持のために養子に迎えたのかもしれません。正室万劫御前は逆賊伊東氏の娘だし頼朝の寵臣工藤祐経の元妻だし何かと都合が悪かったのだろうと想像します。

 土肥遠平は、土肥郷小早川村に居館を設けたことから小早川氏を名乗りました。源平合戦で戦功をあげ恩賞として安芸国沼田荘の地頭職を得ます。遠平は実子維平に本拠早川荘(土肥郷)を相続させ、安芸国沼田荘は養子景平に相続させました。これが安芸小早川氏の祖です。その後、維平は和田合戦で血縁関係のあった和田義盛に味方し敗北、捕らえられて処刑されます。父遠平は維平とは無関係を貫き処罰は免れますが、鎌倉に居づらくなったのでしょう。養子景平が相続した安芸国沼田荘に下向し隠棲します。そこで生涯を終えたそうです。

 小早川氏は南北朝、戦国時代を生きぬき最後は毛利元就の三男隆景を養子に迎えました。この時点で小早川氏の嫡流は絶えたことになります。隆景は豊臣政権の五大老になるなど活躍しますが、実子がなく豊臣秀吉の甥秀秋を養子に迎えました。もう一人元就の九男で異母弟の秀包も養子にします。秀秋の関ケ原での裏切りとその後の狂死は皆様ご存知の通りです。秀包も関ヶ原で西軍に付いたため改易、宗家の毛利家に戻り輝元から長門に所領を与えられます。

 秀包は小早川秀秋の裏切りでイメージが悪いと思ったのか毛利に姓を戻し吉敷毛利家七千石として毛利宗家を支えました。
FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

鳳山

Author:鳳山
歴史好き、軍事好きの保守思想の持主です。最近は時事ネタが多いですが広い気持ちでお許しください。本来は歴史ブログだったんですよ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

風来梨のブログ

空と自然とHobbyと!(ハレイワ飛行場のブログ)

九州戦国史~室町末期から江戸初期まで~
検索フォーム
QRコード
QR