fc2ブログ

シナ共産党政府と自民党再エネ議連の闇

スクリーンショット 2024-04-13 075203

 なぜか既存マスゴミは一切触れませんが、エネルギー安全保障上大問題である自民党再エネ議連とシナ共産党政府やその配下になる上海電力などのシナ企業との癒着。つい最近も再生可能エネルギーを推進するための内閣府再エネタスクフォース会議の資料にシナ企業の透かし入りのものが発覚し大問題になったばかりです。この資料を持ち込んだと言われる大林ミカはエネルギーの専門家でもなんでもなく経歴も非常に怪しい人物だそうです。

 そのシナ共産党と非常に密接な関係が疑われる大林ミカを再エネ戦略会議に押し込んだのは河野太郎。ところが河野は国民に対し満足な説明もせず逃げ回っています。外国なら外患誘致罪で死刑もあり得る案件ですよ。河野太郎の責任追及もそうだし、マスゴミはエネルギー安全保障の危機に対し真実を解明するため徹底的に報道すべきでしょ?ところが現実は真逆。マスゴミはこの大事件をなかった事として隠蔽ようとしています。

 マスゴミがシナの手先である証拠でしょう。そして自民党再エネ議連。100名以上の自民党議員が関係していると言われますが、分かっているのは会長の柴山正彦や顧問の河野太郎、甘利明、菅義偉ら数名のみ。河野の子分である秋本真利は日本風力開発からの受託収賄罪で捕まったばかりですよね。捜査が河野太郎まで及ぶと期待していたんですが、有耶無耶になり現在に至っています。秋本事件もそうですが、今回の大林ミカ問題でも河野太郎は責任を取らず逃げおおせる気なんでしょう。

 だから私は今回の東京15区補選で日本保守党の飯山陽さんに勝ってもらわないと困ると思っているんです。もちろん現実は厳しい。最新の選挙情勢調査では3位になっている物もあれば完全に泡沫で勝つ可能性がゼロに近い物もあります。私もいきなり国政選挙で勝つのは奇跡に近いと思います。ただその奇跡を起こさなければ日本は変わりません。

 一説では小池都知事の学歴問題で失速した乙武氏に代わって立憲共産党が推す候補が情勢調査で1位になっているそうです。そうなったら日本は終わりますよ。一にも二にも江東区の有権者の良識にかかっていると思います。はて結果がどうなるか注目しています。祝い酒になるか自棄酒になるか、最近断っていましたがお酒を買って準備しようと考えています。

 それにしても岸田総理も再エネ議連に関わっているとしか思えません。というのも再エネ賦課金を増額したからです。高騰する電気代に拍車をかける愚行は国民生活など一切考えていない証拠。事実上の増税ですよ。今年の4月から上がるそうですから本当に怒り心頭です。

 善良な国民から徴収された再エネ賦課金はシナの電気事業者に渡り、そのキックバックをパーティー券という名の事実上の賄賂で貰っている岸田総理、宏池会、再エネ議連の連中は国賊と言って良いと思います。アジアスーパーグリッド構想も日本の電気をシナに委ねる非常に危険なものです。そうなったら有事の時日本は電気を止められ戦わずして敗北しますよ。

 腐った自民党政治を変えるには既存野党では絶対に無理です。自民党に代わるまともな保守政党を誕生させある程度の力を与えるしか道はないと私は思います。もちろん日本保守党はできたばかりで問題もあります。しかし、腐った日本政治に一石を投じる存在であることは確か。飯山さんの街頭演説はYOUTUBEの動画に上がっているので見た方も多いと思いますが、再エネの闇に切り込んだのは私の知る限り飯山さんだけです。これだけでも私は当選してほしいと心から思いましたね。

 日本はシナの工作員どもによって内部から滅ぼされようとしています。この危機を脱するには我々国民が目覚めるしかない。ということで選挙には行きましょう。現状日本を変える手段は選挙しかないんですから。そして唯一の自由空間であるネットで真実を拡散し続けるしかないと思っています。皆さんは再エネ議連の闇とシナの影響、どのような感想を持たれていますか?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Secret

FC2カウンター
リンク
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

プロフィール

鳳山

Author:鳳山
歴史好き、軍事好きの保守思想の持主です。最近は時事ネタが多いですが広い気持ちでお許しください。本来は歴史ブログだったんですよ。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

風来梨のブログ

空と自然とHobbyと!(ハレイワ飛行場のブログ)

九州戦国史~室町末期から江戸初期まで~
検索フォーム
QRコード
QR